エンディングノートの書き方のポイント

ある程度の年齢になると、
自分の死後に、残された人達に向けて
エンディングノートを残しておくことが有意義です。
自分の意志が反映されたエンディングノートは、価値があるものとなります。

その様式やどういったことを書き残せばよいのかは、
インターネットのサイトにエンディングノートの様式が
ダウンロード出来るようになっています。

とても便利ですが、すべて印刷をしているとかなりの量になるため、
自分に必要な項目だけでもこういった様式を使用し、
作成していくことがポイントとなります。

ある程度の年齢以上の人達は、自分史について書くことも意味があり、
読み応えのあるものが出来上がります。
自分が生きてきた証しとして、自分の歴史をふり返り、
自分で書き記しておくことは魅力があります。

また、財産や保険、私的年金などについても、
わかっているつもりでもきちんと書くと、
本人にとっても家族にとっても理解しやすくなります。

そして日本にはある条件がある人に対して生活保護という制度があります。
正直に言って管理人は生活保護についてよくわかりませんが、
最近いろいろ調べる機会があり、その時にたどりお着いたサイトが、
こちら⇒生活保護です。是非皆さんも参考にして下さい。

さらに介護が必要になった場合には、
どうしてほしいかも書いておくと参考になります。
葬儀やお墓についても自分の希望を書いておきます。

エンディングノートはあまり早い時期に書くと、
修正をする必要が生じます。
その都度修正をしてもよいのですが、
ある程度の年齢になり、残された家族のために
書いておきたいと思った頃に作成することがポイントとなります。

世界に見るエンディングノートの歴史

ヨーロッパやアメリカでは相続に際に何よりも故人の気持ちを尊重します。
気持ちは遺言書に書き残しておくことが多く、
その遺言書に添う形で相続が行われます。

また、遺言書がない場合も日本のように本人の死後
すぐに法律による分割によって財産が相続されるわけではなく、
相続のための裁判という手順を踏んで初めて相続人のものになります。

ヨーロッパやアメリカはできる限り
本人の気持ちに添うようにとの形で制度作りが成されているのです。
遺言書がエンディングノートを兼ねているとも言えるかもしれません。

日本の場合は遺言書とエンディングノートは別物です。
確かに遺言書に自分のしたいこと、自分の気持ちなどを記載することは可能ですが、
遺言書は法律で定められた厳格な要件を満たしていないといけません。

これは死後に自分の意思を伝える場合、
その人に意思の確認をすることができないのだから
その分厳格性が求められるという考え方によるものです。
また、遺言書は気持ちを伝えるというより
遺産の分割方法を伝えるという性質が強いでしょう。

もちろんその中には借金も、、、
最近ではアイフルのキャッシングは在籍確認ある?のように
こっそり借りれる所も多いので、言い難い人は全部ここで伝えておきましょう。

気持ちを伝えるという面ではエンディングノートの方が適切かもしれません。
自分の好きなこと、家族への想い、死後の希望など、
エンディングノートには法律のような要件が決まっていないので記載は自由です。
遺言書が遺産分割に特化した法的なものならば、
こちらは故人の気持ちに特化したものと言えるでしょう。

おすすめのエンディングノートはある?

終活ブームになってから
その存在にスポットライトが当たった形になったエンディングノートですが、
ブームのあおりを受けて何十種類ものノートが出版されています。

エンディングノート

ただ単に、
自分の遺産整理や残される家族への思いをつづるだけのものではなく、
法的には正式な遺言と比べると
そこまで強い力はないとも言われていますが、
ある程度は法的な遺言に準ずるものと認められてます。

突然亡くなってしまった時には
その人の遺志を確かめるすべはありませんから、
エンディングノートはないよりは合った方がいいと言えます。

いろいろな遺言やメッセージ、
個人情報の管理など、極端にいってしまえば借金なども申告するのです。

そうでないと、残された遺族たちは多大な迷惑を被ることになってしまいます。

借金が多方面にある人は、おまとめローンにしておくとまだ遺族の人は救われますよ。

さて、おすすめのエンディングノートですが、
たくさん項目やページ数があればいいというものではなく、
遺族に知っておいてもらいたい情報を分かりやすく記入できるかどうかで
見ればいいでしょう。

重要な項目は、
遺族への資産整理の指示やどれくらいの資産があるかという情報、
治療や介護の時にはきちんと告知してほしいかなど
言葉を使えるうちに方針についての希望やネット上の情報の処分などです。

大抵のノートはこれらの項目が用意されています。

パソコンが使えるなら
無料でダウンロードできるデジタルエンディングノートも便利です。

書き直しが効きますし、パスワードもかけられますから、秘密を守れます。

なぜエンディングノートは必要なのか

先日知人の父が急病で亡くなりお葬式を行ないました。
その知人はお葬式費用が高額だったため最終的にカードローンを利用したそうです。
そしてみずほ銀行を調べてみた結果ここで借りたみたいです。

人間や生き物にとって死は必ずやってくるものですが、
若い世代の方は頭の片隅にもない方ばかりです。

しかし、病気や突然の事故などで亡くなってしまう方もいます。

そんな方の多くは今後のことや相続の問題、
本当に伝えたいことなどを言えないまま亡くなってしまうのです。

家族にとって故人の友人関係や相続の話などは
全く話してもいない内容のため、
いざお葬式になってしまった際にどう対応して良いのか悩んだ、
という人は沢山います。

そんな人におすすめなのがエンディングノートと呼ばれる一冊の本です。

こちらはお葬式に呼んでほしい友人関係や知り合い、
また遺産相続のことや家族に伝えたいことを記しておく本になります。

このエンディングノートは最近話題に上がってきた物で、
これがあったからお葬式や今後の話を円滑に行えたと
口コミ効果で人気が高くなっている物になります。

本屋で販売しているエンディングノートもありますが、
葬儀会社の多くが取り扱っているし物ですので、
まずは葬儀会社に相談すると良いでしょう。

必要に応じて何冊か分けてくれる葬儀会社もありますので、
一度連絡してみることをおすすめします。

今後、核家族化がすすみ、親と子が離れて暮らすことが多くなりますので、
こういった物は必要不可欠な品であるといえるでしょう。

エンディングノートとは

エンディングノートとは
シルバー世代の間で流行っている終活に使われるノートの事。
人生の終わりにかけて自分の希望を家族に伝えるためのノートです。

エンディングノートとは遺言書と異なり安価で気軽に行え、自由な発想で作れます。
法的効力をほとんど持ちませんので、必ず行ってもらいたい事には
公正証書遺言や秘密証書遺言を作りましょう。

内容についておススメなのは
生年月日や家系図などの自分についての情報。
親族や友人などの関係図のほか資産の保管場所。
終末治療についてなど家族でも本人がいないと確認しづらいもの、
またはいても中々聞きづらいものを準備しておくとよいでしょう。

本屋やネットショップなどでは書き込むだけで簡単に作れるものもありますので、
そういったものを活用するのもいいですね。
皮張りなどをした高級なものをはじめ安価で買えるタイプのものなど
様々なタイプのものが販売されています。

エンディングノートは後日簡単に訂正をする事もできます。
必要な情報や家族に伝えておきたい事がふえたら気軽に追記する事もできます。
流行っているというのをきっかけにでも、
ご自身だけではなくご家族の為に一度終活について考えてみてはいかがでしょうか。

最近ではキャッシングで借金をしてまで、
自分のお墓などを準備している人もいるそうです。
ちなみにキャッシング審査の流れを知りたい人が読むサイト
キャッシングのことが詳しく説明されています。