エンディングノートとは

エンディングノートとは
シルバー世代の間で流行っている終活に使われるノートの事。
人生の終わりにかけて自分の希望を家族に伝えるためのノートです。

エンディングノートとは遺言書と異なり安価で気軽に行え、自由な発想で作れます。
法的効力をほとんど持ちませんので、必ず行ってもらいたい事には
公正証書遺言や秘密証書遺言を作りましょう。

内容についておススメなのは
生年月日や家系図などの自分についての情報。
親族や友人などの関係図のほか資産の保管場所。
終末治療についてなど家族でも本人がいないと確認しづらいもの、
またはいても中々聞きづらいものを準備しておくとよいでしょう。

本屋やネットショップなどでは書き込むだけで簡単に作れるものもありますので、
そういったものを活用するのもいいですね。
皮張りなどをした高級なものをはじめ安価で買えるタイプのものなど
様々なタイプのものが販売されています。

エンディングノートは後日簡単に訂正をする事もできます。
必要な情報や家族に伝えておきたい事がふえたら気軽に追記する事もできます。
流行っているというのをきっかけにでも、
ご自身だけではなくご家族の為に一度終活について考えてみてはいかがでしょうか。

最近ではキャッシングで借金をしてまで、
自分のお墓などを準備している人もいるそうです。
ちなみにキャッシング審査の流れを知りたい人が読むサイト
キャッシングのことが詳しく説明されています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です