エンディングノートの書き方のポイント

ある程度の年齢になると、
自分の死後に、残された人達に向けて
エンディングノートを残しておくことが有意義です。
自分の意志が反映されたエンディングノートは、価値があるものとなります。

その様式やどういったことを書き残せばよいのかは、
インターネットのサイトにエンディングノートの様式が
ダウンロード出来るようになっています。

とても便利ですが、すべて印刷をしているとかなりの量になるため、
自分に必要な項目だけでもこういった様式を使用し、
作成していくことがポイントとなります。

ある程度の年齢以上の人達は、自分史について書くことも意味があり、
読み応えのあるものが出来上がります。
自分が生きてきた証しとして、自分の歴史をふり返り、
自分で書き記しておくことは魅力があります。

また、財産や保険、私的年金などについても、
わかっているつもりでもきちんと書くと、
本人にとっても家族にとっても理解しやすくなります。

そして日本にはある条件がある人に対して生活保護という制度があります。
正直に言って管理人は生活保護についてよくわかりませんが、
最近いろいろ調べる機会があり、その時にたどりお着いたサイトが、
こちら⇒生活保護です。是非皆さんも参考にして下さい。

さらに介護が必要になった場合には、
どうしてほしいかも書いておくと参考になります。
葬儀やお墓についても自分の希望を書いておきます。

エンディングノートはあまり早い時期に書くと、
修正をする必要が生じます。
その都度修正をしてもよいのですが、
ある程度の年齢になり、残された家族のために
書いておきたいと思った頃に作成することがポイントとなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です